language




We always follow the language even if we take any action.
Thinking for that the sky is blue, and recognizing of pain in myself also.
When we want to say something for some body, the language always has rung in our heads.
We have used the language and we have built up every thing.
And we have made lots of things then we've got those.

If we haven't met any language, and now, if we meet it at first,
What are we going to see, going to know, and going to feel?

We are not able to forget our original language because we grew up as social personality.
When we leave the language that lets us do every cultural occupation, and meet it, we will see "language" with our naked eyes at last.

私たちは何をするにも、無意識に言語に従っている。
「空が青い」と思うことも、「つらい」と自覚することも、
誰かに意志を伝えたい時も、頭の中で響くのはいつも言葉であった。
私たちは言葉を用いてあらゆる思考を組み立て、
多くのものを作り、手に入れた。

もし、私たちが未だ言語と出会っていなかったなら、
そして今、はじめて出会ったなら。
私たちは何を見、何を知り、何を感じるだろうか。

社会的人格に育てられた以上、私たちは母語を忘れることが出来ない。
あらゆる文化的営為を可能にしたその言語を手放し、
そして出会う時、

私たちはその目ではじめて、「言葉」を見るのである。

Copyright © 2013 chihiro miyoshi all right reserved