Copyright © 2013 chihiro miyoshi all right reserved

 

 


It takes about 240,000 years that nuclear contamination by Plutonium-239 drops to its 1/1000 value.
During this period plants cannot escape nuclear pollution area as humankind does.
What happens to these plants which suffer gene disruption and change of appearance.
These plants would manage to crawl out of the earth and evolve into a new species after 240,000 years.
They imitate insects in their immediate surroundings, transform their roots into hand and foot, their leaves into wings, and last of all, aim at rich and beautiful home land once lived.


240,000 years passed, I actually has met these plants and photographed them.
Left with no alternative, they had to escape this nuclear pollution area.
These are merely photographs of only that fact.

放射性物質であるプルトニウム239の効果が
一千分の一に減るまでにかかる時間は、およそ24万年。
24万年もの間、汚染された地域から
植物は人間のように逃げることも出来ない。
遺伝子を破壊され、姿を変えられた植物はどのようになっていくだろう。
24万年後の植物は土中を這い出て進化をするのである。
植物の最も身近にいる昆虫を倣い、細かな根を手足にして葉を羽根にし、
かつて過ごした豊かで美しい土地を目指すのである。

私は実際に24万年後の植物たちに出会い、その姿を撮影したのだ。
植物は、この土地を離れなければならなかった。
これは、ただそれだけの写真なのである。